葬式

増加する小さな葬儀とは

家族だけで、故人を見送りたいなら家族葬がいいでしょう。鶴見区でも多くの人が選択しています。家族葬なら、大きなホールを借りることも無いので、費用も安く抑えることができます。

メンズ

終活に向けてするべきこと

お葬式の準備は、生きている時からするものです。家族と話し合い、どんなお葬式を挙げたいか希望を聞いておくことが大切です。柏原市にもお葬式場は沢山ありますが、生前から電話の相談に乗ってくれる業者などは信頼できます。事前の準備で信頼できる業者を選びましょう。

お葬式は地味でいい

フラワー

こじんまりと見送りたい

大勢の弔問客を呼んでお金のかかる葬儀を営むことに疑問を感じる人が増えてきました。お葬式の主役である故人は既に亡くなっているわけですから、どんなに立派なお葬式を上げてもらったとしても、それを自分の目で見ることはできません。そのため後に残された遺族のために立派な葬式を出していると考えることもできます。しかし、横浜には進歩的な考え方をする人がたくさん住んでいるため、葬儀の習慣を考え直すケースが増えています。それが端的に現れているのが、家族葬という名前の新しい葬儀形式です。横浜では、亡くなった人を家族葬で見送るケースがとても多くなってきています。家族葬というのは、その名が示している通り、家族を中心にこじんまりとした規模で営む葬儀のことです。横浜で営業している葬儀社の全てが家族葬プランを取り扱っているわけではありませんが、横浜市内で家族葬が営まれる件数は年々増加してきています。家族葬という名称ではありますが、家族以外の参列を全て排除しなくてはならないという決まりがあるわけではありません。喪主や葬家の人がよいと思えば、家族以外の人にも参列してもらうことができます。ただし、儀礼的な弔問客には葬儀への参列をご遠慮願うのが基本です。気心の知れた人だけで最後の見送りをすることになるため、規模は小さくても心温まる葬儀にすることができます。また、広い会場を借りたり、大量の料理を用意したりする必要がないため、葬儀費用を節約することもできます。

葬儀

後悔しない業者選び

東大阪市にある葬儀場では、利用者やその家族のために、見積もり作成や説明会などを行っています。葬儀場は事前に費用やその内容を問い合わせておくことで、後悔することもなくなります。就活のために自分の葬儀を準備する人も少なくはないので、積極的に動いていくのも大切です。